Heritage Walk Ahmedabad

アーメダバード旧市街のヒンドゥー教やジャイナ教寺院、イスラム建築群、屋台広場のマネック・チョークなどを約2kmにわたって散策します。
朝と夜で別のコースが設定されており、それぞれアーメダバードの違った顔を楽しむことができます。
ツアーにはガイド(英語)が付くため、アーメダバード市の歴史を知りたい方におすすめです。
※申し込みは下記ウェブサイトから要事前予約。

【料金】300ルピー/人
【ウェブサイト】Heritage Walk Ahmedabad, Walk with Ahmedabad

モスクに彫刻された「生命の樹」
マネック・チョークの屋台村

Gandhi Ashram(ガンディー・アシュラム)

インド独立の父であるマハトマ・ガンディーが生活と独立運動の拠点にした居住の一つです。
現在はマハトマ・ガンディー博物館として一般に開放されています。

【入場料】無料
【ウェブサイト】Mahatma Gandhi Ashram at Sabarmati, Ahmedabad, Gujarat (gandhiashramsabarmati.org)

Rani Ki Vav(ラーニー・キ・ヴァヴ)

グジャラート語で「王妃の階段井戸」を意味する、グジャラートの世界遺産の一つで、亡き王を偲んだ王妃ウダヤマティが 11 世紀後半に建造したと伝えられています。
「井戸」というものの7層構造の柱を持った壮大な神殿といった趣で、ヴィシュヌ、パールバティ、ガネーシャといった表情豊かな神々の彫刻で全体が覆いつくされており、そのスケールは圧巻です。
アーメダバード市内から北西に約140kmのパタンに位置し、自動車で約3時間半ほどかかります。